個人事業と確定申告のあれやこれ・1 ~確定申告をしてみよう!~

ちょっと一息

 

 

年度末がやってきました!

 

そして
個人事業主として毎年やらなければならないのがコレ

「確定申告」

 

 

これは絶対やらなければなりません。

 

 

何故って?

 

 

 

それは個人事業主だからです。
会社員やアルバイトとは違います。

 

収入を得たら(給料を貰ったら)所得税を払いますよね?
会社員やアルバイトだと、給料から所得税を引かれた金額が渡されます。
そして、会社が個人の代わりに税金を納めてくれているのです。
何故って?
個々で税金の書類を税務署に出したら、税務署が大変だからデス
(あくまで個人の見解です)

 

しかし、個人事業主として働いて貰うお金というのは
給料と違って税金が引かれていません。
税込みです!
なので、個人個人で税金を支払う必要があるのです。

 

 

今回はそんな宿命を負った個人事業主の確定申告の話です。

 

 

 

早速ですが、

確定申告の申告方法は2種類あります

・青色申告
・白色申告

 

ところで

青色申請(青色申告しますよっていう申請)はしてますか?

通常、個人事業主として開業しますという「開業届」と同時に青色申請をします。

 

青色でも白色でも、どちらで確定申告しても特に問題ではありません。

もし青色申請をしてなければ白色申告になります。

ただ、青色申告の方がお得ダヨって話です。

 

一般的に、開業届は開業から1か月以内に申請しなければなりません。

それを過ぎたらその年は白色となってしまい、

青色にするには翌年に申請となります。

 

 

 

今回は
主に青色申告の手順方法を記載していますが、
白色でも手順は似たようなものではないか?と思われます。

 

 

~青色申告・白色申告って何?~

 

簡単に言うと、

ちゃんとした帳簿を付けているかどうか?
です

 

これは、家計簿ではダメです。
「現金出納帳」「総勘定元帳」「仕訳帳」など、経理とかでやっている帳簿を付けなければなりません。(これが複式簿記)
「貸借対照表」「損益計算書」も作らなければなりません。
紙で記帳すると大変ですが会計ソフトを使えば楽チンです。

 

会計ソフトも「青色申告対応」であれば、値段の安いもので良いかと思います。
ソフトによっては、ソフト内でe-Taxと連動するものもあるそうです。

 

ちなみに
「青」とか「白」とか、色自体に意味は無いと思われるので

そこまで深く考えないようにしましょう。

 

 

~青色申告すると何かいいことあるの?~

 

65万円の特別控除が適用されます。(電子帳簿保存を行っているなど条件有り)

 

 

~控除って?~

 

所得から差し引くことが出来ます。

 

簡単に言うと、

100万の所得があったとします。
すると、その100万に対して税金がかかります。
しかし、65万円控除となると
100-65=35 で 35万円に対してしか税金がかかりません。

「控除があると税金額が減る」という事になります。

 

ちなにみ、社会保険控除とか生命保険などの控除もあります。
控除は全て自己申請なので、自分に何があるのかちゃんと調べて、忘れずに申請しましょう!

 

 

さて、確定申告時期になってやる気を出したところで
早いうちに準備をしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました