エンジンオイルの廃油処理箱 ~これって100均でもいいんじゃね?~

ぶらり寄り道

 

 

バイクの整備って、結構面倒ではあるのですが

エンジンオイル交換くらいは自分でやりたい所ですよね。

 

 

しかし、そこで問題になってくるのが

「エンジンオイルの廃油処理」

 

 

 

その処理方法はいくつかあると思うのですが

一般的にはコレ↓

バイク・パーツ屋で売っている廃油処理箱

これに廃油を入れてゴミの日に捨てます。

コレ、2ℓ用ですが・・・廃油箱なのにちょっと高い気がする

 

 

 

 

 

 

 

・・・ってか、これって

 

 

 

 

調理用の「廃油処理パック」でも良いんじゃね?

 

 

 

 

廃油処理パック

 

そんな訳で、

早速100均で買ってきました

 

 

2袋入りで100円
安い!!

 

 


↑ Amazonの「2000円以上で送料無料」なのに、あとちょっと足りない!と言う時に、

ついでに買うのが良いカモ?!

 

 

 

 

パカッと2つに分けると、中身はこんな感じ

 

 

 

バイク屋で購入した廃油処理箱と中身はほぼ同じ

 

 

 

念のため、ビニール袋に入れてやれば出来上がり!!

 

 

 

 

ちなみにコレ、

油を吸い取れる容量が600mlしかありません。

 

「オイル容量」がそれ以上の車種に使用する場合、
1袋ではオイルがあふれていまうので注意してください。

 

基本的に、入れた分だけ廃油が出てきます。

なので600ml以上の場合は、

廃油を出している最中にサッと入れ替える必要があります。

 

トゥデイのオイル量:700ml
スーパーカブのオイル量:800ml

 

もし、あふれずに600mlの1箱だけでオイルが出きってしまった場合、
オイルが減少している可能性があります!
今後、小まめにオイル量をチェックして、少なければ補充するようにしましょう。

 

 

廃油処理パックを使用した時の様子はコチラ↓を参考にして下さい。

 

 

 

 

吸わせるテンプル

 

100均の他に、スーパーでも似たようなものがありました。
台所用品売り場で見つけた「吸わせるテンプル」


200円くらい
これまた、安い!!

 


中身はこんな感じ

 

 

油漏れ防止のためにビニール袋に入れておきたいところですが
実は、これではダメです

 

正直、漏れます!

 

やるなら、箱の内側にビニールを入れましょう!
だってほら、正規品(右)もそうなっている

 

 

軽く自作するだけで

正規品同様!

 

後は、廃油を入れて、口をしっかり縛って

ゴミの日に出すだけでOK!

(ゴミの出し方については各地域の出し方を参照してください)

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました