個人事業と確定申告のあれやこれ・4 ~e-Taxで所得税の申告をしてみよう!~

ちょっと一息

 

 

 

 

 

次に

 

そのままの流れで
所得税の申請もしちゃいましょう
青色申告のデータを引き継いでいるので楽ちんです

 

ただし、ココからは人それぞれになります。
まずは書類を手元に集めてから始めた方がスムーズかと思われます。
事前に用意すべき書類・数字は青文字で記載しておきます

 

 

とりあえず必要な書類としては
「源泉徴収票」
会社員・アルバイトなど給与所得がある場合は、それぞれの会社から源泉徴収票を貰っておきましょう。
下さいと言えば必ず貰えます。

 

個人事業で得た収入は「事業所得」になります。

 

 

「各種控除」
・国民健康保険控除
・国民年金控除
とかです。

 

控除がある場合、

各種事業所から控除証明書のハガキが送られてきます。
そのハガキをもとに数字を入力していきます。

 

何やら送られてきたハガキに「確定申告の控除に使えます」って書かれていたら、

それです!!

 

えっ、ハガキがない?
う~む・・・

捨ててしまったり、まだ送られてきていなかったり
とりあえず、

控除対象の事業所に問い合わせてみたほうが早いかもしれません。

 

 

知ってました?
国民年金は払った分だけ控除になるんですよ。
ワタシも以前はそれをしらず控除申請してませんでした。

 

 

書類をあらかた集めたら
所得税の申告をしてみましょう!

 

 

所得税の申告

 

所得税の申告


青色申告の最後のページから

「所得税の申告書作成はこちら」をクリック

「入力した情報を引き継いで、所得税の確定申告書を作成しますか?」

もちろん「はい」

「所得税の申告書の画面へ」をクリック

生年月日やその他の質問に答えて

「次へ進む」

 

「収入金額・所得金額の入力」

 

とりあえず上から順に埋めていきましょう

 

・事業所得→訂正・内容確認
個人事業主としての収入だけでしたら、ここは確認するだけでOKです。
ほかに源泉徴収票がある方(帳簿に記載してあるもの以外に収入がある方)は、
その源泉徴収票をもとに支払者の氏名、収入金額、源泉徴収額などを記入していきましょう

 

・不動産所得
・利子所得
・配当所得


などなど・・・

 

所得があるものは全て記入しましょう!
分からなければ「?」マークがあるので、そこをクリックすれば教えてくれます。
上から下まで見て、記入する所をすべて記入したらOK!
「次へ」を押してエラーが出たら、その注意文を読んで訂正してみてください。
良くわからなくても、色々クリックしてみたら何とかなるかも?

 

 

「入力終了(次へ)」

 

「所得控除の入力」

 

これも同じように手元の書類をもとに入力していきます。
項目の意味が分からなければ「?」をクリックしましょう

 

主なもので
・医療費控除
こちらは去年一年間で医療費の支払いが10万円以上ある人が控除されます
・社会保険控除
国民健康保険控除、国民年金控除とかです。
「入力する」をクリックして「社会保険の種類」を選択し、金額を入力します

 




などなど
ほかに、生命保険寄付金(ふるさと納税等)なども控除になるので、

自分に当てはまる所を入力していきましょう。

各項目の入力方法を記載していたらキリがないので割愛しますが、
表示されている文章を読めばなんとなく進めることが出来ます。
間違ったら後で訂正、くらいの気持ちでやって大丈夫だと思います。

 

 

入力し終わったら
「入力終了(次へ)」

 

「税額控除・その他の項目の入力」

 

ここも同じように、自分に該当する項目を入力しましょう
住宅控除とかもあります

 

入力し終わったら
「入力終了(次へ)」

 

「計算結果確認」

 

入力したものを元に、

納めるべき税金金額(もしくは還付金額)が表示されます。

 

確認したら
「次へ」

 

「住民税等入力」

表示されている文章を読んで、当てはまるようなら入力してください。

 

「入力終了(次へ)」

 

ここで、納付方法が表示されます。
ネット決済とか、コンビニ支払とか、けっこう融通を利かせてくれます。
税務署も時代に合わせてきたな~って感じですね。

 

もちろん、

送られてきた納付書に納付金額を記入して

金融機関の窓口での納付も可能です。

 

下へスクロールして

 

・住所等入力

「次へ進む」

 

「マイナンバーの入力」

 

「次へ進む」

 

「印刷」

 

「帳票表示・印刷」ボタンをクリックすると、PDFファイルがダウンロードされます。
そこから印刷をすることになります。

 

印刷は後でするとしても、PDFファイルはダウンロードしておきましょう。

 

 

「次へ進む」

添付データの送信を聞いてきますが、

よくわからない場合はスルーでよいと思います。

もし、何かあれば税務署から電話が来るでしょう。

なので、社会保険料の資料などは取っておきましょう。

 

「次へ進む」

暗証番号の入力

 

e-TAXへログインした時の暗証番号です

 

(税務署へデータを)「送信」したら、ひとまず終了です。

とりあえず受付完了しているか「確認」してみましょう

 

正常に受付を完了していました。

「送信票等印刷へ進む」

「帳票表示・印刷」ボタンをクリックすると、PDFファイルがダウンロードされます。
そこから印刷をすることになります。

 

繰り返しになりますが、PDFファイルはダウンロードしておきましょう。

 

実はコレ、上記データと同じものなのですが

不安な方は、逐一ダウンロードして確認していったほうが良いと思われます。

確認して、不要ならば削除すればOKです。

 

「次へ進む」

納付方法など色々と記載されているのを読んだら

 

サクッとアンケートに答えて
「確定申告・終了」です

 

 

インボイスなど消費税の申告がある方は、

ココからさらに入力が必要になります。

ワタシはインボイスをしていないのでここで終了です。

 

 

ここまでやるのに、入力だけで2時間くらい
考えながらやったので、もうちょっと時間がかかってしまいました。

 

 

でも、
やれば出来る!

 

 

 

 

書類を取っておけば
来年はもっと楽に出来そうな気がします。

 

 

~お疲れさまでした~

 

 

~来年に向けてやっておいた方が良い事~

・青色申請がまだなら、出来れば青色申請しておく
・領収書はとっておく
・家計簿、できればちゃんとした帳簿を付ける

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました