ヘルメット塗装 ~2回目~

ぶらり寄り道

 

 

 

 

さぁ、気を取り直して

ヘルメット塗装の2回目です!

 

 

表面処理

 

やすり掛け

 

前回失敗した塗装面を、やすりで削って剥がしていきます。

 

完全に塗装を剥がすのは面倒なので、

ざっくりとやすり掛け

 

ちょっと残っているけど、さわってみて概ねツルツルになったからOK!
削りカスを洗い流します。

 

 

サーフェイサーの吹き付け

 

乾いたら、再度サフ吹き
液だれするといけないので、下地が見えてもいいやくらいに軽く拭きます。

 

1回目

 

そして、

2回目
3回目

 

 

スプレー塗装

 

リカバリーも終了して
再チャレンジ!!

 

今回のポイントとしては
・鉛筆での下書きはしない(イメージをしっかり作る)
・一気に吹かない
・あまり重ね塗りしない
・サッサッサッとちょっとずつ吹く
・乾いてから次を吹く
・一度の吹き付けで完成させないで、何回かに分けて完成させる

 

 

ゴールド塗装

 

1回目↓

 

乾いたら、全体をみつつ
もうちょっと塗った方が良いかな?って所をスプレー

 

2回目

 

 

黒塗装

 

金色でおおよその当たりを付けた所で、下地になる黒を塗ります。

 

注意:繰り返しになりますが、

金の隠蔽力がわからず黒の下地に金だと金がくすんでしまう恐れがあるので

下書きの意味でも金を先に吹きました

 

1回目↓

この辺かな?くらいの個所を塗りました

これも、一気には吹かず
シュ―、シュー、シューと軽く吹く感じ

 

2回目
全体を見ながら黒部分の形を整える感じ

 

 

つや消し塗装

 

そうだ!
黒地はつや消し塗料にしてみよう!
塗料をみると「マットブラック」と書いてあるけど
とりあえず、

手持ちの、プラモデル用つや消し塗料を吹いてみます。

 

 

 

再び金塗装

 

先に塗装したのは、だいたいの当たり付けるためです。
つや消しもちょっとかかったし
ここが本塗装!

 

全体のバランスを見つつ、ちょっとずつ吹いていきます

意外と隠ぺい力がありました。
黒の上に金を塗っても、キレイに塗れている感じがあります。

 

風で塗料が流れたり、塗ろうかと思ったとこをはみ出たり・・・
それを修正しようとして、思い描いていた絵柄よりも金の部分が多くなってしまった。

 

まぁいいか

 

 

 

銀塗装

 

 

金の上から銀を塗ったら・・・液だれが起きました。

金がツルツルだから?
面倒だからこのままでいいや

 

乾いたら、そこまで気にはならなくなりました
よく見ると線にはなってますが・・・

 

 

ホワイト塗装

 

翼の絵柄を描く作業です

 

ココが正念場!!!

 

 

サッサッサッと吹くと
線の太さの調整が難しい・・・

翼を広げる感じに・・・

って思い通りにいかない

うわぁ、やりすぎたかも
どう見ても翼には見えません

 

 

やはり、
素人がいきなりフリーハンドで描くのは難易度が高かった気がします・・・

 

 

缶スプレー自体、塗料が広範囲に飛び散るので細かい絵柄を描くのは難しい
だからと言って近づけると液だれを起こすし・・・

スプレー職人ならうまく描けるのかもしれませんが
素人には難しかった・・・

エアブラシなら、まだましカモ?

グラデーション模様を描きたかったのですが、ちょっと甘かったです。

マスキングで色分けすれば、それなりの仕上がりになるのでは?
って感じはしました。

 

う~む・・・
ハイ、やり直し!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました